私たちは、「子どもと教育・くらしを守る徳島県教職員の会」です。      

わたしたちは、教職員の権利を守り、よりよい教育の実現をめざしています。 

〒771-0017徳島市川内町鶴島115黄金ビル 徳島労連事務所内
TEL 088-665-6644(徳島労連)
FAX 088-665-2117(徳島労連)
Email: dp12287892@pf.lolipop.jp

 

みなさんの声をお聞かせください。

ネット署名できます。

長時間労働をなくすため、せんせいをふやそう

ネット署名ができます。こちらからどうぞ。

こちらもどうぞ↓

新着情報
   徳島県教職員の会は9月8日,徳島県教育委員会に対し,「(新型コロナウイルス感染症に関わり)多忙を極めている教育現場に必要な人や物を配置すること。また,報告文書・研修・教育委員会の訪問等,現場の負担になることを極力少なくすること。」など,67項目からなる要求書を提出しました。  「要求書」(詳細は下記のpdf参照)の骨子は,下記のとおりです。  ①教育条件の整備       ②教育委員会・学校の民主的なあり方  ③教職員の待遇改善      ④臨時教職員の勤務条件改善  ⑤教員採用制度の改善      2021年度 徳島県教委への要求事項 .pdf
今年度実施の1次筆記審査について、受審者の方から次のような要望が教職員の会にありました。  ・会場の冷房が効きすぎていて、体調を壊し、薬を飲みながら審査を受けた。  ・受付の列の表示が、後ろから見えづらく、違う列に並び、時間ロスと密な状態に長時間いることになった。  ・上靴が必要かどうかの記載がなく、迷った。  ・会場の教室までの表示が分かりにくく、階段を上下し、なかなか会場の教室につけなかった。  ・駅から会場までのアクセス(公共交通機関)の案内がなく、タクシーで行ったがバスの便利の良いところだった。   県外受審者にも配慮してほしい。など  このような要望があったので、県教委に伝え、今後の審査に生かしてほしいと要望しました。 また、このページで公開している昨年度の審査結果(平均点など)について、情報源や入手方法について問い合わせがありました。県教委に情報公開請求して入手した文書をそのまま公開しているので、公開の決定通知を添付しておきました。  ご自分で情報公開請求すれば入手できます。方法は、徳島県のホームページ→県政情報→情報公開・個人情報保護→情報公開制度→3.公文書公開請求 に進んでいただくと...
 徳島県教育委員会は2月25日に,「1年単位の変形労働時間制の実施について(通知)」(教教第729号 令和3年2月25日),「『休日のまとめ取り』のための1年単位の変形労働時間制に関するQ&A【令和3年2月時点】」などの文書を県内の市町村教育委員会教育長宛に発出しました。  しかしながら、この文書の中には,一昨年の国会審議や昨年の徳島県議会審議の内容を踏まえていない部分が複数箇所(「通知」に1カ所、「Q&A」に2カ所)ありました。  そこで,徳島県教職員の会は3月24日、徳島県教育長に「変形労働時間制を利用するか否かを決めるのは各市町村教委・各学校・各教員であることを、周知徹底する文書の速やかな発出を求める要請書」を提出し、早急に問題点を是正するよう求めました。なお、詳細については、添付文書をご参照ください。    県教委への変形労働時間制問題での要請書.pdf    
 徳島県教職員の会は1月5日、昨年12月に変形労働時間制の導入を可能にする徳島県条例が成立したことを受け、徳島県内全市町村の教育長に、「公立学校への『1年単位の変形労働時間制』の導入について(お願い)」を送付しました。 「お願い」文書の内容は、下記のとおりです。 1.国会審議を無視した条例成立過程 2.変形労働時間制の具体的な問題点 3.変形労働時間制でなく、教育条件の整備で長時間過密労働問題を解決 4.「1年単位の変形労働時間制」を導入しないでください 詳細は、下記の添付文書をご参照ください。 ◇ 公立学校への「1年単位の変形労働時間制」の導入について(お願い).pdf
12/23付け徳島県教育委員会教職員課のホームページによると、来年度から一般と臨時教員特別選考などの年齢制限が59歳以下となり、実質的に年齢制限はなくなりました (添付資料①参照)。 教職員の会では、12月に県教委に対して再度の「要請」(添付資料②参照) を行っていましたが、長年の要求がやっと実現しました。   ①令和4年度(令和3年度実施)の主な変更点.pdf ②追加「要請書」.pdf
徳島県議会で審議されている「一年単位の変形労働時間制」問題についての緊急声明     ~ 前代未聞の国会審議無視の県教委条例案を、撤回又は廃案に ~ 徳島県議会の本会議開催(2020.12.18)を前に、徳島県教職員の会は、標記「緊急声明」を発表しました。 その主な内容は、下記のとおりです。 1.国会審議を無視、県議会を軽視した条例案の提出 (1)国会での法案審議で確認されたこと  (2)県教委が条例案を作成した手順 (3)国会審議無視・県議会軽視の県教委の条例案に正当性は認められない 2.関係する みなさまへの要請・お願い (1)県教委は条例案の取り下げを (2)県議会は条例案を廃案に  (3)県民・教職員のみなさまは、県教委・県議会の対応を注視‥‥   ★変形労働「緊急声明」.pdf    
「徳島県議会議員のみなさんへのお願い」文書の主な内容は、次のとおりです。 1.手続きを踏まずに上程された条例案  ①県議会での審議の前提が壊れている ②突出している県教委の動き 2.変形労働時間制の具体的な問題点 ①制度導入の前提条件が整っていない   ②勤務時間の縮減にならず、長時間ただ働きを容認する制度 ③教育現場に合わない30日前の周知   ④教員にとって「無意味」に等しい夏休みでの「休日まとめ取り」  ⑤ 8時間労働の原則がこわされ、高まる健康被害・過労死の危険性  3.変形労働時間制でなく、教育条件の整備で長時間過密労働問題を解決   ①OECD加盟国で最低の公的支出を平均レベルに  ②子どもを中心に据えて、徹底した業務の見直しと縮減を 4.条例案の扱いなどについてのお願い(条例案を採択しないでください)徳島県議会議員のみなさんへのお願い.pdf
機関紙253号の主な掲載記事は下記のとおりです。 〇徳島市ブロックの「要請」に市教委が「文書回答」  〇支援学校設置基準署名、学校から続々と返送 〇変形労働時間制で、県内の全校長に「お願い」    〇OECD加盟国で公的支出が最下位=長時間労働の最大の原因 〇徳島県教育委員会に63項目の要求を提出      〇会員の声 ◆機関紙253号.pdf
徳島県教職員の会は、徳島県高校長協会と特別支援学校長会に10月14日、「学校に『1年単位の変形労働時間制』を導入しないでください(お願い)」を送付しました。 文書の主な内容は、下記のようなものです。 1.「1年単位の変形労働時間制」を導入するか否かを決めるのは学校 2.「1年単位の変形労働時間制」の具体的な問題点 3.変形労働時間制でなく,教育条件の整備で長時間過密労働問題を解決 4.お願い   なお、詳細については、下記pdfをご参照ください。  徳島県高校長協会へのお願い:学校に「1年単位の変形労働時間制」を導入しないでください.pdf  徳島県特別支援学校長会へのお願い:学校に「1年単位の変形労働時間制」を導入しないでください.pdf